パンク前夜のパブロックの熱い匂いを醸し出す現在進行形のロック・アンド・ロール・ミュージック!

Nowprinting

※こちらの写真は小さいデータになっております。ジャケ写・アー写をご利用の際には、問い合わせメールよりご請求下さい。大きいサイズのものを送らせて頂きます。

LONESOME DOVE WOODROWS

“DAY FOR NIGHT / SHINE QUIETLY”

2011年09月14日 発売!

型番:TV-106

価格:2100 円 (税込み)

レーベル:TV-FREAK RECORDS

トラックリスト

01.BLOOD HOUND TRAIL (ブラッド・ハウンド・トレイル) -2:31-
02.遠吠えは響く (とおぼえはひびく) -2:38-
03.BYE BYE BLUE (バイ・バイ・ブルー) -2:13-
04.MOONLIGHT TRAIN (ムーンライト・トレイン) -2:47-
05.アメイロユキイロ (あめいろゆきいろ) -4:46-
06.FLICK IT UP (フリック・イット・アップ) -2:15-
07.HATE BLUES (ヘイト・ブルース) -4:32-
08.SHINY SUMMER (シャイニー・サマー) -3:36-
09.憧れのトランジスターガール (あこがれのとらんじすたーがーる) -4:29-
10.LITTLE SWEETIE (リトル・スウィーティー) -2:47-
11.GET DOWN (ゲット・ダウン) -3:00-
12.握るべき手を探してる (にぎるべきてをさがしてる) -5:35-
13.TOKYO JUNK (トーキョージャンク) -4:03-

最新情報:

THE BIRTHDAY、怒髪天、THE NEATBEATS、THE BAWDIESなど
本物のロックバンドがエールを贈る孤高のロック・アンド・ロール・バンド!
THE BAWDIES を最近好きになったヤングからDr.FEELGOODの映画観て、
Lew Lewisの奇跡の来日に狂喜乱舞したマニアックなロックファンまで楽しめる最新アルバム登場。
R&Rもブルースもブギーもナイアガラ・サウンド(!?)も全てブチ込んで、かき鳴らす、
それがロンサム!
2本のギターのからむロックンロールが初期THE ROOSTERSや
1969年頃のローリングストーンズをひきあいにされることも多いロンサムだが、
今作では大リスペクトをこめてザ・ストリート・スライダーズのカバー「TOKYO JUNK」を収録。

TARSHIはユニットバンド、「THE TURN TABLES」(メンバーは、他にRYOTA/exTHE POGO〜JIG HEAD、
近藤智洋/exPEALOUT〜GHEE、高橋浩司/exPEALOUT〜HARISS)に参加したり、
ロンサムとして、武道家BRUCE LEEのトリビュート『The Dragon's 「Walk On」』、THE DAMNEDトリビュート『CAUSE OF THE DAMNED』、
下北沢のライヴハウスCLUB Que制作の映画『COLORS OF LIFE』のサントラなどに参加するなど東京のロックシーンでは知る人ぞ知る存在。

インフォメーション:

「ターシへ、いーじゃん。メンバー見つかってよかったね。やり続けよーぜ。」
チバユウスケ(The Birthday)

「漢の背中に流れるブギー... そんじょそこらのガキ共に鳴らせる音じゃねぇ。」増子直純(怒髪天)

「帰ってきたぜ。帰ってきたぜ。帰ってくる場所はここしかないよ、ってアルバムだ。」MR.PAN(THE NEATBEATS)

「男が憧れ、男が惚れるロックンロールバンド。ずっと背中を追っかけています。」JIM (THE BAWDIES)

「バンド仲間で一番古い付き合いのターシ。 ロンサムが売れて、ロンサムのツアーにニューロティカが連れて行ってもらうのが俺の夢。
お気に入りは<FLICK IT UP>。ブルーハーツ、ストリートスライダーズと来たら次のカバーはニューロティカだね〜
ターシがいるから俺は頑張れる」
アツシ(ニューロティカ)

プロフィール:

メンバー
VO&G TARSHI (ターシ)
B&VO BABA (ババ)
D&VO TAKUYA (タクヤ)(ex JERRY OF BEAT'S/FRANKIE & JOHNNY)
G&VO TSUKAZAKI (ツカザキ)(exREVERSLOW/FARMSTAY)

オフィシャルサイト: http://lonesomedovewoodrows.com/top.html