“勝手にしやがれ”の飯島(B.Sax)と、“Bloodest Saxophone ”の甲田(T.Sax)が中心メンバーの9ホーン+4リズム=総勢13人のロックンロールオーケストラ!
スピーディーなロックからスローなバラードまで、どれをとっても一級品!

Ukcd1127_jk
Ukcd1127_a

※こちらの写真は小さいデータになっております。ジャケ写・アー写をご利用の際には、問い合わせメールよりご請求下さい。大きいサイズのものを送らせて頂きます。

THE SAX NIGHT

“衝撃のロックンロールオーケストラ!”

2008年12月03日 発売!

型番:UKCD-1127

価格:2625 円 (税込み)

レーベル:UK PROJECT

トラックリスト

M.01 Miami Summer Attack!
M.02 Highway The Night
M.03 Lemon Squash Beach
M.04 The Highway -2138-
M.05 Screaming The Dead Corner
M.06 THE ROCK'N'ROLL ORCHESTRA IN FULL GEAR!
M.07 From a Dolphin To Children
M.08 BANG ! BANG ! BANG !
M.09 Burning On The Coast
M.10 Rumbling The Midnight Beach
M.11 Atomic Cadillac Boogie
M.12 Crazy Summer Action!
M.13 The Highway -epilogue-

ご試聴いただけます

02 Highway The Night
09 Burning On The Coast

最新情報:

ジャズを軸に様々なジャンルを吸収した、勢いあり余るロックンロールは超エネルギッシュ!!
ダイナミックなホーン、高速オルガン、軽快なリズムをふんだんに詰め込んだ怒濤のインスト・アルバム。
THE SAX NIGHTは東京のクラブピーポー達を熱狂させています!その完成度はハンパねえ。

インフォメーション:

 The Sax Night とは、勝手にしやがれのバリトン・サックス奏者=飯島誓とBloodest Saxophoneのテナー・サックス奏者=甲田伸太郎が06年3月に始めたイヴェントの名称であり、同名のバンドが同じ夜にデビューした。バリトン・サックス奏者が続々とメンバーに加わり、7本のバリトン・サックスとテナー・サックスにトロンボーンという9管、ギター、ベース、ドラムス、オルガンを加えた奇妙な13人編成となった。
08年6月にアルバム『ロックンロールオーケストラ登場!!』をリリース、半年を置いて、この『衝撃のロックンロールオーケストラ!』が続いた。
 そういうバンドなだけに、おそらく、このCDを手に取る人たちは、メンバーがもともと参加していたバンドが好きだったり、イヴェントに通ったりしていて、ぼくなんかよりもよっぽど詳しいに違いない。

 1846年にアドルフ・サックスによって作られた楽器=サクソフォンは、バス・クラリネットを発展させるという意図で作られたという。同じくサックスによって作られた金管楽器=サクソルン同様に高音から低音まで同属楽器を作ることで同じ音色で響かせ、金管楽器と木管楽器の音色を仲立ちし、野外での演奏を可能とした。軍楽隊に導入されることで、世界中に広められ、また新しい楽器ということで、やはり新しい音楽だったジャズと共に各地で取り込まれた。デューク・エリントンやグレン・ミラーが率いたビッグ・バンドやスカタライツにはいかしたリフを放つサックス・セクションが置かれ、コースターズやロイヤル・ティーンズやチェッカーズのようにニクいソロをフィーチャーするバンドがあり、サム“ザ・マン”テイラーやエイス・キャノンやメイシオ・
パーカーのような男の色気を発散する奏者がいる。日本でも、戦前に道頓堀の芸姑によって結成されたジャズ・バンドで河合サキソフォン・バンドというのがあった。モダン・ジャズやフュージョンのようなインプロヴィゼーション楽器としてのサックスではなく、ロックンロールでリズム&ブルースなサックス。The Sax Night は、これまであまり省みられなかった、そういうサックスの世界への扉を開く。
 そして、ほこりをかぶった7インチや100円LPや擦れまくったSP盤の世界を放浪して、これほどまでに艶かしく生々しい歌を聞かせ、危なっかしく疾走する The Sax Nightの存在が、いかに貴重で、いかにすばらしく、いかに馬鹿馬鹿しいのかを知っていただければ幸いなのです。
(『ミュージック・マガジン』斉木小太郎)

プロフィール:

■メンバー
Tenor Saxophone:甲田“YOUNG CORN”伸太郎(Bloodest Saxophone)
Baritone Saxophone:飯島誓(勝手にしやがれ)
Baritone Saxophone:中島徹也(OldFashion)
Baritone Saxophone:和田“KNACK”裕司(REAL BRASS)
Baritone Saxophone:HACK(SPEEDBALL)
Baritone Saxophone:立石太郎(LA ROCCA)
Baritone Saxophone:天川真陽華
Baritone Saxophone:平田“秀吉”圭祐(フランキーとジョニー)
Trombone:熊山“ACK-BEAR”淳士(EASTERN SKY THE L.E.D.)
Organ:荒井伝太(decoda bap)
Guitar:深野雅史(東京ハウリングレコード)
Bass:樺島啓貴
Drums:村上良之(THE SPADE 13)

 “THE SAX NIGHT”ーイベントのようなバンド名は、まさに同名のイベントが発端。
国内最高峰のジャズパンクバンド“勝手にしやがれ”のバリトンサックス担当・飯島 誓と、おそらく日本でもっとも熱くて粋なジャズバンド“Bloodest Saxophone”のリーダー兼テナーサックス担当・甲田伸太郎が、06年3月にイベント“the SAX-NIGHT vol.1”を開催。この日がバンド“THE SAX NIGHT”のデビューライヴとなった。
 バンドのコンセプトは“8ビートのロックンロール”を自由に伸び伸びと“憎たらしく”やろう、ということ(おそらくニクイと憎たらしいは違うがニュアンスの違いは不明)。そして最初の約1年は、ホーン隊にはバリトンサックスの中島が加わったぐらいだったが、飯島が対バンなどで出会ったバリトンサックス奏者をメンバーに無断でどんどん誘い始める。結果、7名のバリトンサックスに甲田のテナーサックス、トロンボーンという9名のホーン隊に、オルガン、ギター、ベース、ドラムという総勢13名の“ロックンロールオーケストラ”の完成を見たのである。以降、初のワンマンがソールドアウト、バリトン7本によるあまりの重低音に客席の灰皿やグラスが吹っ飛ぶなど、大小の伝説を積み重ねつつある。
 ダンスパーティーやガレージを連想させるロックンロール、ジャンプ&ジャイヴ、スカ、さらにはタンゴやドゥーワップ風(!?)まで…。このカッコよさはファッションやライフスタイルにも深いこだわりを持つ50's系のローラーから“ブラサキ”ファン含むブルース/ジャズ系のリスナー、60'sのガレージサウンド好き、そして90年代以降のスカパンク/メロコア世代、さらには“勝手”やスカパラのファン、シャネルズ〜ラッツ&スターやチェッカーズのファンだった方々など、それはそれはハンパなく幅広い層に伝わるものだ。
 ちなみに全15トラック中4トラックは曲ではないので悪しからず。また、プラターズの名曲カヴァーを除く全曲に“THE NIGHT”が付く点も、ご了承いただきたい。…といったわけで、こういうバンドが売れたら、日本の音楽シーンは確実にもっと面白くなるはずだが、いかがでしょうか。

ライブ・イベントスケジュール:

[ライブスケジュール]
10月12日(日) TOKYO GRINDE vol.04 / 青山 青い部屋
11月08日(土) TOKYO GRINDE vol.05 / 渋谷 LUSH

"THE ROCK'N'ROLL ORCHESTRA IN NIGHTMARE"
12月12日(金) 金沢 マニール
12月13日(土) 富山
12月14日(日) TOKYO GRINDE vol.06 / 渋谷 egg man
12月19日(金) 豊橋 BIRTH
12月20日(土) 松本 ALEX
12月21日(日) 岐阜 ROOTS
12月22日(月) 下北沢 251
12月23日(火) TOKYO GRINDE vol.07 / 渋谷 HOME
12月28日(日) 浅草 KURA WOOD
01月09日(金) 神戸 VARIT
01月10日(土) 大阪
01月11日(日) 三重 キングコブラ
01月12日(月) 安城 夢希望 RADIO CLUB
01月16日(金) the-sax night vol.8 / 渋谷 LUSH&HOME
01月17日(土) 仙台
01月18日(日) 横浜 club Lizard
03月01日(日) 札幌 ベッシーホール
03月21日(土) 郡山

※会場決り次第でご案内いたします。

オフィシャルサイト: http://the-saxnight.com/

ディスコグラフィ:
Ukcd1125

THE SAX NIGHT

ロックンロールオーケストラ登場!!

2008年06月04日 発売!

型番:UKCD-1125

価格:2625 円 (税込み)

レーベル:UK PROJECT