アーティスト名:武藤昭平 with ウエノコウジ

アーティスト写真: Mutoueno2012

※こちらの写真は小さいデータになっております。
ジャケ写・アー写をご利用の際には、問い合わせメールよりご請求下さい。大きいサイズのものを送らせて頂きます。

最新情報:

 お待たせしました! ジャズパンクバンド「勝手にしやがれ」のリーダーであり、
ヴォーカル&ドラムの武藤昭平と、thee michelle gun elephant〜Radio Caroline、
現在はthe HIATUSにて活動中のウエノコウジによる、「武藤昭平 with ウエノコウジ」
の1stアルバム『マリアッチ・パンクス』がいよいよ発売されます!!
 武藤は普段のドラムではなく、ガット・ギターとヴォーカルを担当。
ウエノも通例のエレキベースではなく、アコースティックベースを起用しているという、
両氏これまでのキャリアとは多少趣きも異なる同ユニット。
2009年より武藤昭平ソロとして始動し、その後、「武藤昭平 with ウエノコウジ」に発展。
ガット・ギターを手に歌い奏でる現代のトロヴァドール(吟遊詩人)武藤昭平による、
異国情緒あふれる唯一無二の音世界と、盟友・ウエノコウジのアコースティック・ベースから
放たれる強烈なロック・スピリットとの邂逅は、これまで全国の酒場、クラブ、
ライヴハウスから、アラバキ・ロック・フェスやライジング・サン・ロック・フェス等の
ロック・フェスに至るまで、まるで”流し”や”マリアッチ”の如く活動を行い、
各所で信望者や熱狂的なファンを作り上げてきました。
 スパニッシュ/メキシカン・タッチを基調に、ウェスタン、ファド、カウパンクや
ポルカも隠し味にブレンドさせた、その音楽性は、ヒリヒリとした手触りと、情熱を
内包した冷ややかさに満ちたもの。ギターパーカッションとギターカッティングを駆
使し、リズム楽器とメロディ楽器の双方を兼ねた武藤のギター。底辺を支えるばかり
ではなく、時には打楽器やメロディ楽器、はたまたオフェンシング楽器として、楽曲
を裏側からひっぱるウエノのベース。そして、酸いも甘いも噛み分けて生きて来た人
間のみが描ける、その人生が滲み出ているかのような武藤による歌声と歌世界は、聴
く者、観る者に、異国情緒と、そこで繰り広げられる物語を味合わせきました。
 そんな彼らの1stアルバムとなるのが、この『マリアッチ・パンクス』です。使用
楽器はガットギターとアコースティックベースのみ。コーラスを除き、まさに2人だ
けで録られた今作は、カバー、インストを除き、全ての歌詞を武藤が担当し、ほとん
どの曲を武藤・ウエノで作曲。アレンジは全て2人により完成させました。これまで
コンピやトリビュート盤、また、武藤のソロ作品内で、その断片は伝えられてきた彼
らの実像が、ようやくパッケージ化されるというわけです。
 2人だけとは思えぬ迫力とグルーヴ、この2人のみならではの音楽性や歌世界が、作
品の端々から滲み出ている今作は、パルマ(手拍子)やミュートを織り交ぜたフラメン
コタッチのサウンドの上、グリグリと攻め立てるウエノのベースと、鳴り響く武藤の
ガットギターによるカッティングが、聴く者を高揚させる「キリンの首」。間間のハ
ミングも印象的。ウエノの動きのあるベースと武藤のギターアンサンブルも聴きどこ
ろな「サルー」。歪んだウエノのベースとミディアムな演奏の上、ルーマニアで造ら
れたスペイン風のギターが愛着を持って歌われる「ルーマニアのギターラ」。前のめ
リにガシガシと攻め立てるように進みいく情熱さに満ちた「エグジット」。ウエノも
ウッドベースを起用。武藤の歌声もソウルフルさを増し、祭りの後の気分に浸らせて
くれる、叙情性溢れるミディアム・バラード「Sweet Town」。これまでの雰囲気から
一変。陽気でパーティな面を伺わせ、後半からの倍テンへのシフトも聴き手を高揚さ
せる「マリアッチ・ブラザース」。オリジナルに乾いた赤土によるホコリっぽさを加
えた、マカロニウェスタン風味もたまらない、THE CLASHの「London Colling」のカバー
。まさに和製トム・ウェイツか、シェーン・マガヴァンか!? 「ラ・ボエーム」的世界
観をたっぷりと浸らせてくれる「ダララ」。カウパンクやポルカ的なテイストも交え
つつ、スパニッシュアレンジに施されたカバーも斬新な「ゴッドファーザー〜愛のテー
マ」。アコベとスパニッシュギターならではの絶妙なドライヴ感が魅力のインスト曲
「ストラミン」。そして、朝日が昇っていくような爽快感や大団円感もたまらない、
まさに武藤とウエノ、そして聴き手とのこれからのグッドフェローズ的間柄が歌われ
た「アミーガ・アミーゴ」の全11曲を収録。
 初期のアキ・カウルスマキのロードムービーを観ているような、やさぐれているん
だけど、どこか人間味や温かさを有している感のある今作。まさに、タイトルの『マ
リアッチ・パンクス』な1枚と言えるでしょう。

プロフィール:

■武藤昭平(勝手にしやがれ)
ジャズパンクバンド、 勝手にしやがれのリーダーであり、ヴォーカル・ドラム担当。
「武藤昭平 with ウエノコウジ」では、ドラムスティックは握らずにガット・ギター
とヴォーカルを担当する。
2009年には會田茂一プロデュースによる1stソロシングル「至福の空」、フラメンコギ
タリスト沖仁プロデュースによる2ndソロシングル「ワインレッドの心/リコ」を発表。
バンドと併行してソロ活動も精力的に行っている。

■ウエノコウジ(the HIATUS / DAD MOM GOD/ ex.thee michelle gun elephant )
thee michelle gun elephant解散後、PATCH、楠部真也とRadio Carolineを結成。
2009年活動を休止。
現在「the HIATUS」として活動。
冷牟田竜之(ex.東京スカパラダイスオーケストラ)ソロプロジェクト「DAD MOM GOD」
にも参加。佐藤タイジのサポートやDJとしても活動中。

ライブ・イベントスケジュール:

オフィシャルサイト:

日常に寄り添うような悲喜交々の感情が描かれ、決して色褪せることのないテンションと温もりを帯びた新作完成。
Ukcd1139_jk

武藤昭平 with ウエノコウジ

'S Wonderful(ス・ワンダフル)

2012年08月22日 発売!

型番:UKCD-1139

価格:2940 円 (税込み)

レーベル:UK PROJECT

武藤昭平 with ウエノコウジ 初の単独作品いよいよ発売!!
Nowprinting

武藤昭平 with ウエノコウジ

マリアッチ・パンクス

2011年03月16日 発売!

型番:UKCD-1135

価格:2940 円 (税込み)

レーベル:UK PROJECT